宝石の国がひどいって本当?気持ち悪い・鬱シーン・ひどい・バッドエンドの噂を調査!

宝石の国 ひどい

「宝石の国」は市川春子氏による人気コミックで、不死の宝石たちが月からの敵と戦うファンタジー作品です。

2017年にはアニメ化もされており、多くのファンから高い評価を得ています。

一方で、一部の読者からは「鬱展開すぎる」、「気持ち悪い」などの意見もあり、ネット上ではファンの間で賛否両論が巻き起こっています。

今回は、「宝石の国」の鬱シーンやバッドエンドの噂について調査していきます。

目次

宝石の国がひどいって本当?そう言われる噂や理由を調査

ここでは、「宝石の国がひどい」と言われている理由やその噂について調査していきます。

CGの動きが気持ち悪い

「宝石の国」は、市川春子氏の同名のコミックを原作としたフルCGアニメ作品です。

2017年に放送されたこの作品は、CGの技術や表現力が高く評価されました。

しかし、一部の視聴者からはCGアニメに対する批判的な意見もあります。

その理由としては、主に以下の2つが考えられます。

•CGアニメに慣れていないと、動きの滑らかさや立体感に違和感を覚えることがある。

•宝石たちの硬さや無機質さは表現できているが、反面、宝石たちの感情や魅力が十分に伝わっていないように感じる。

このように、宝石の国のCGアニメには、手描きアニメとの違いや不満点が指摘されています。

しかし、それらはあくまで個人の好みや見方によるものであり、CGアニメの新しい可能性や表現力を否定するものではありません。

鬱シーンやバッドエンドシーンが多い

物語の主人公であるフォスフォフィライト(フォス)は、月人との戦いに巻き込まれ、数々の苦難や悲劇を経験します。

その過程で、フォスは身体の一部を失い、記憶や人格に変化が起こったり、仲間の裏切りや秘密に直面したり、地上の宝石たちと対立したりします。

これらの悲惨な展開によって、読者や視聴者は鬱や不快感を感じることがあります。

宝石の国の鬱シーンやバッドエンドに関する口コミの一部は以下の通りです。

•主人公のフォスは物語が進むにつれて暗い道を歩むようになるが、周りの登場人物たちは次第に幸せになっていくのが切ない。

•それぞれが自分の幸せを追い求めているだけなのに、悲惨な結末になってしまうのが鬱。

フォスはどうしても報われない。あまりにも辛くて、読むのをやめたくなった。

話の流れが急展開などで意味がわからない

「宝石の国」は、月人と戦う宝石たちの物語です。

しかし、主人公のフォスは、体や性格が変わっていき、物語も謎や悲劇に満ちていきます。

この作品は、宝石たちや月人の独自の世界観で展開されるため、物語の背景や意味を把握するのが難しかったり、宝石たちや月人の秘密によって先の展開を予測するのが困難だったりします。

そのため、ネット上では「話の流れが急で意味がわからない」という感想がよく見られます。

宝石の国のストーリー展開や世界観についての口コミは以下のようなものがあります。

•世界観とキャラクターデザインは個性的で面白いけれど、全体的にふわふわしていて何が起こっているのかわからない。

•世界観が独特で全体的に謎が多すぎる。

•誰が主人公だったのか、物語がどこに向かっていたのかぼんやりしている。どんな展開になるのか全く予想できない。

フォスの最終形態がかわいそう・気持ち悪い

主人公フォスは、とても弱くて壊れやすい宝石です。

月人や宝石たちとの戦いで、体や記憶、感情とともに容姿も変化していきます。

最初ははつらつとして可愛らしかったフォスは、最後には別人のようになってしまいます。

フォスの最終形態は、物語の謎や意味を深める重要な役割を果たしますが、フォスの悲劇的な運命や異様な姿に対して、「かわいそう」「気持ち悪い」といった否定的な感想も多く見られます。

フォスの容姿変化についての口コミは以下のようなものがあります。

•フォスがどんどん見た目も中身も変わっていくのが見ていて辛い。

•こんなにも外見が変わり続ける主人公は他に見たことがない。

•見た目はもうフォスじゃないのに、言動からフォスだとわかるのが悲しい。

宝石の国はどこのサイト・アプリで読める?

ここでは「宝石の国」を読むことができる電子書籍サイトを紹介していきます。

Amebaマンガ

「宝石の国」はAmebaマンガで読むことができます!

宝石の国 Amebaマンガ
引用元:Amebaマンガ

Amebaマンガでは、新規会員登録をすると、1人100冊まで利用できる50%還元クーポンをもらうことができます。

【50%還元クーポンの使用例】

759円(1巻)→379マンガコイン還元(379円相当)

9,130円(1〜12巻)→4565マンガコイン還元(4,565円相当)

※宝石の国は第12巻まで発売されています。

100冊50%OFFで読める!

コミックシーモア

「宝石の国」はコミックシーモアで読むことができます!

宝石の国 コミックシーモア
引用元:コミックシーモア

コミックシーモアでは、新規会員登録をすると、70%OFFクーポンをもらうことができます。

【70%OFFクーポンの使用例】

759円(1巻)→227円

※宝石の国は第12巻まで発売されています。

\ 1冊70%OFFで読める!

ebookjapan

「宝石の国」はebookjapanで読むことができます!

宝石の国 ebookjapan
引用元:ebookjapan

ebookjapanでは、新規会員登録をすると、70%OFFクーポン(1回あたりの割引き上限が500円)を6回分もらうことができます。

【70%OFFクーポンの使用例】

759円(1巻)→259円

9,130円(1〜12巻)→6,130円

※宝石の国は第12巻まで発売されています。

\ 6冊70%OFFで読める!

U-NEXT

「宝石の国」はU-NEXTで読むことができます!

宝石の国 U-NEXT
引用元:U-NEXT

U-NEXTでは、31日間の新規無料トライアルに入会すると、無料で600ポイント(600円相当)もらうことができます。

【600ポイントの使用例】

759円(1巻)→159円

※宝石の国は第12巻まで発売されています。

600pt分無料で読める!

コミック.jp

「宝石の国」はコミック.jpで読むことができます!

宝石の国 コミック.jp
引用元:コミック.jp

コミック.jpでは、30日間の新規無料トライアルに入会すると、無料で1200ポイント(1200円相当)もらうことができます。

【1200ポイントの使用例】

759円(1巻)→無料

9,130円(1〜12巻)→7,930円

※宝石の国は第12巻まで発売されています。

honto

「宝石の国」はhontoで読むことができます!

宝石の国 honto
引用元:honto

hontoでは、新規無料会員登録をすると、70%OFFクーポン(割引上限2,000円)をもらうことができます。

【70%OFFクーポンの使用例】

759円(1巻)→259円

9,130円(1〜12巻)→7,130円

※宝石の国は第12巻まで発売されています。

私がおススメする「宝石の国」が読める配信サイト

ここまで「宝石の国」を読むことができる様々な電子書籍サイトを紹介してきましたが、私が1番オススメする電子書籍サイトは「Amebaマンガ」です!

Amebaマンガでは、新規会員登録をすると、1人100冊まで利用できる50%還元クーポンをもらうことができます。

このキャンペーンを利用すると「宝石の国」を全巻50%OFFで読むことができるんです。

50%還元クーポンの使用例】

759円(1巻)→379マンガコイン還元(379円相当)

9,130円(1〜12巻)→4565マンガコイン還元(4,565円相当)

※宝石の国は第12巻まで発売されています。

100冊50%OFFで読める!

宝石の国の最新話は何巻まで出てる?すでに完結してる?

「宝石の国」はまだ完結していません!

2022年12月22日に発売された12巻が最新刊です。

13巻の発売日は未定ですが、最新話の105話は月刊アフタヌーン(2023年12月号)に掲載されています。

※2023年12月現在の情報です。

「宝石の国」を読める漫画配信サイト一覧

「宝石の国」を読むことができる配信サイトを以下の表にまとめました。

配信サイト配信状況サイト
1冊70%OFF
読む
6回70%OFF
読む
1冊300円OFF
読む
最大50%pt還元
読む
100冊40%OFF
読む
600p付与
読む
1冊90%OFF
読む
※2024年1月現在
詳細は公式サイトをご覧ください

宝石の国がひどいって本当を調べている人によくある質問

宝石の国でフォスはどうなった?

フォスは、月人との戦いで何度も身体の一部を失っては、他の鉱物で補いながら変化していきました。

最終的には、金剛先生の記憶を継ぐために一万年の孤独に耐え、人間に似た姿になっています。

宝石の国1巻の発売日はいつですか?

単行本第1巻は、2018年2月1日に発売されました。

宝石の国はいつまで休載ですか?

「宝石の国」は、月刊アフタヌーン2012年12月号から連載されました。

2021年3月号から休載していましたが、2022年8月号からは連載が再開されています。

宝石の国 どんなアニメ?

「宝石の国」は、市川春子氏の同名の漫画が原作のフルCGアニメーション作品で、人類が滅んだ遠い未来の世界で、宝石の体を持つ28人が月からの侵略者と戦う物語です。

まとめ

ここまで「宝石の国がひどい」と言われている理由を解説してきました。

今までの内容をまとめると、以下のようになります。

•CGアニメになじみがないと、動きや立体感が不自然に見えたり、宝石たちの感情や魅力が伝わりづらいと感じることがある。

•フォスが月人たちや宝石たちと戦う過程で、様々な悲劇に巻き込まれるのがあまりにも悲惨で見ていられない。

•世界観が特殊で難解であり、宝石や月人の秘密や謎が多く、意味が理解できないと感じることがある。

•フォスが度々容姿変化を繰り返し、最終的には別人のようになってしまうのが辛い。

「宝石の国」は、独自の世界観や表現力にあふれた作品ですが、そのために好みが分かれやすい作品でもあります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次